スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイルのお話2。

DSC01614_convert_20091011151649.jpg

上の写真、ドッグフードみたいですけど、


タイルなんです・・・。


どこに使うとかではなく、


可愛いというだけで、


奥さんが、タイル屋さんからもらってきました。


もし、使うんだったら・・・・・






どこに使える!?





結構、個性の強いタイルなので・・・・難しそうですね・・・



でも、上手いこと使えば、面白いかもしれません・・・



ちょっと、考えてみよ・・・・!
スポンサーサイト

タイルのお話。



洗面カウンターと壁面に使おうと思っているタイルです。


100×100のような大きなサイズにするか、


10×10のモザイクの小さいタイルにするかで



悩み・・・奥さんとの会議もあり・・・



結局、小さい小さいモザイクタイルにすることにしました。




そんなに大きくないカウンターなので、


タイルが大きすぎるとバランスが悪くなりそう・・・・



というようなことで、全会一致で決定です。




しかしながら、目地の汚れ対策を考えないといけないですね。

オガファーザー(紙クロス)



室内の仕上げは手に触れる所が多いので、

できるだけ自然の素材を使いたいのですが、

やっぱり、コストとの戦いになりますね・・・。



うちは、寝室や子供室には オガファーザー(紙クロス)を

使おうと思っています。

これは、ドイツ製の塗装用下地クロスで、

ウッドチップが挟まれた再生紙でできているみたいです。

コスト的にも、施工費込で1000~1200円/㎡くらいで貼れると思います。

ただ、塗装用下地なので、上からの塗装の費用がかかってしまいます。

そこで、うちは職人さんにクロスだけ貼ってもらい

塗装は自分達でやろうと思っています。


この壁紙は、汚れたら上から塗ることができるので

メンテナンスの練習も兼ねて塗ってみようと思います。




オガファーザーという名前はドイツ語なんでしょうか?

おがくずの、「おが」の事かと思っていました。

塗材仕上げ

内壁の仕上げを珪藻土やタナクリームといった、

塗材で仕上げる場合、塗る技術も熟練を要しますが、

なによりも、その下地で八割方、決まるといっても言いと思います。

下地が悪いと、波打ったり、割れてきたりします。

ビニルクロスなどは、下地に多少、不備があっても、

ある程度、目立たなくなるので施工の手間はかかりません。



手間のかかる仕上げは、コストが上がるのは当然ですよね。

タナクリーム2

タナクリームにも種類があって、1日仕上げという物じゃないと

素人にはあつかいにくいかもしれないとのこと・・・。
プロフィール

こばぢゅん

Author:こばぢゅん
シンプルな物をこよなく愛し、
探し続ける日々・・・

トリ肉を愛し、乳製品を苦手としている
A型 さそり座
73年生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。